うるち米はも慢性鼻炎ち米か二人は何か違いがある

は人々の生活の中で、食品の選択は実は重要な事を通して、もし合理的な選択を組み合わせて、より良い自分の飲食,そしてその豊富な栄養性と、私たちの健康は最も重要なのは、うるち米は1種の高い栄養の性の食品、じゃあ,うるち米はもち米ですか?

もち米は粽が脱皮の米、中国南方と呼ばれるもち米で、北方の多くはと呼ばれるモチゴメ.製造粘性の軽食は、例えば、八宝粥ちまき、各種のデザートの主原料とし、もち米も醸造甘酒(甘酒)の主原料.もち米に含まれるタンパク質、脂肪、炭水化物、カルシウム、燐、鉄、ビタミンB 1、B 2、ニコチン酸と延命索デンプンなどで、栄養が豊富で、温補強壮食品は、補う中に益の息、内臓を強くする健胃、止発汗の効果、食欲不振、腹部膨満下痢一定で緩和作.

うるち米は我が国の南方人民の主食で、大量の炭水化物を含んで、約%、発熱量、熱量の主要な出所.うるち米、ジャポニカの種子の核と米.その味は薄い、その性平と、毎日食べる、栄養の物だ.

うるち米ともち米の違い:

はうるち米ともち米の違いです:<

の李時珍《本草綱目》の効果でそれをまとめ4種類:1は温の好みは下痢止め、二、三は縮小し、4は自然発汗、《本草经疏論』は、と分析し もち;メートルは補益好み、肺の息の穀物.好みを補い、温化穀物を発揮することができ、 吸収水液の機能、大便は稀清、温能修養、正気旺盛、体も暖かい.だから脾臓びくびくして冷たい人は一番よく肺の食用もち米.

米分もち米とくっつくメートル、接着メートル分うるち米と籼米.うるち米、もち米との違いは米の種によって、内訳は、米の分をうるち米、籼米、もち米.その中、もち米は粘性の大きい米で、俗に米がくっついている.は粽の種子の核.多量デキストリン,慢性鼻炎、性ネバネバが柔らかく、もち米を名取.きび、古来、大切な栄養補給食品です.うるち米に比べて、その性は少し温に偏っている.

p>の別名の米<うるち米、朝、昼、夜の分、北テリア涼、南ウルチ温;赤ウルチ暑い、白粳涼;新しいウルチ暑い、陈粳涼.粥を煮て最も養人.黒米、きらきらと透明潤、産は陝西省省都固県.

黒米は我が国の米中の逸品.科学者によれば測定、黒米含有じゅうろく種類のアミノ酸や鉄、モリブデン、亜鉛などの微量元素とビタミンB 1、B 12などの栄養の物質、蛋白質の含有量が通常よりも高い50%米.『本草綱目》の記載がある:黒米滋陰腎臓を補って、内臓を強くする暖肝、明目の血行をよくすること効果.いくらおかゆは煲汤はいずれも1種の栄養を補給する上物.

p>
レビトラとバイアグラ;から述べる文<分かる、うるち米はもち米、両者の間にも本質的に異なって、みんなはふだんメートル製品を選択した時、その選ぶメートル製品タイプ、およびそのが持つ効果効能も行うべきまじめな理解の」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です