お義父さんの慢性鼻炎特許病―腺肥大

張さんは

退職己5年あって、ちょうど忙しいからと公務員の生涯の中で退職し、心理的にはまだ本当に難い適応、5年張さんは家の中に花を植えるづくり、毛筆で字を書くことに加え、時折、いくつかの定年退職の同僚たちが集まって、生活てはしかし平板ですが、もやはりはしっかりしている.休日になって息子夫婦、娘の婿たちは孫孫娘たちを連れて帰って、さらに張さんは十分満足していると思う.

最近張さんはちょっと困って、毎日トイレの小便三、四回、尿が終わったら、ズボンをぬらして、ズボンをぬらしてしまった.張さんとは以前は夜になって解尿の状況が、今こんなに深刻な状況でもない.

ちょうど今年三月から政府発表辦理国民健康保険、張さんとなくてもよいはるばる走って全国民健康外来の診察を中心として、直接の近くの病院に行っ求诊ました.切った泌尿器科の診察後、発見待合室は人の多くが彼と同じはシルバー族のおじさんが、心の中少し感慨、果たして歳月人を待たず、やはり割みんなの欠点は同じですか?

pは張さんの説明を聞いた後、医師は一般検査と肛門の指診、そして、張さん、あなたの問題は、護腺肥大による、さらに検査と治療を必要とします.

摂護腺は男性の生殖係統の器官で、膀胱の下で、1段の尿道に囲まれ、現在医学界にそれに対してだぶだぶの本当の原因はわかっていないからかもしれません長期男性ホルモンの影響を受けて刺激するので,一部の前立腺肥大組織増殖し、ときに、肥大の前立腺を圧迫する尿道の後、患者が頻尿、夜尿尿流、細かいや尿後余の症状で、このように道をもとはとてものまっすぐに広く、交通違反がスムーズで、両側に止めた車の交通はますます多くの後 紅蜘蛛,障害を受けて、自然渋滯になりました.

あの女は、かばいにだぶだぶのか?と

は男がやっとある器官で、女はない.

それはすべての男が、護腺肥大の問題になるのでしょうか?手術はいらないの?と

統計、60代以上の男性は約50歳以上の男性は,慢性鼻炎、かばい腺肥大の問題、80歳以上の男性は80歳以上の男性は、80歳以上の男性は、80歳以上の男性は、その悩みを持っている.ある男は40歳から80歳の歳月に、約10 %の人が、かばい腺肥大の手術治療を受けなければならない.事実上、患者の肥大の病気は適当な薬物治療を受けてから治療することができます.

一枚の張さんは聞くと、薬を飲んでいるといい、心の中の大きな石が落ちて、軽く、いろいろと、聞きました.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です