散歩時慢性鼻炎には話をしないほうがいい

昔の恒子は曰本人としては、どこに行った時、人としてはならない.語は足を必要として、さもなくば息を失う.述の行歩は怒る、復発の口は、ガスとチョッパーで失調も.何気ない寝食何、ほかに,言葉もないなら、この一節を.散策者、散にしてもかまわず、かつてはならず
漢方 媚薬,慢性鼻炎、かつては区立、そして区立としては、一種類の余暇が自由自在に.卢纶詩白雲流水ような散歩はも.南華経》曰:水の性はない雑清、郁闭流れません、清もなく、この心を休めるの道でも、散歩から静養する.ことわざは言います:口を食べないで、寝てはいけません.散歩時も話してないほうがいいよ.『守ら生箋』にこんなの記載、散歩の時ではない人が話すと、話すなら、止めなければならない、さもなくば伤气.老年人呼吸システムが若い時,散歩する時に体内の血気運動は速めて、もし更に口を開けて話して、呼吸が差し迫って、だから散歩する時には話をしないでください.散歩は勝手に、拘束されず、かつ、そして止まり、そして止まり、そして、非常に暇になる.卢纶詩「白雲流水ような散歩、散歩のように形容雲のように自由に漂い、流れる水のように悠然と流れ.このように素晴らしい散歩、人の心身はどんなに健康な陶冶であると考えている.散歩は私の思想を促進することができ、私の体は運動し、頭脳は体を動かすことができます..ドイツ大詩人ゲーテは最も貴重な思惟と最高の表現方式、私が散歩している時に現れたと言った.」一人静かに散歩して、想像にはとても満足すること.南華には「本性が濁った水は水は清水だが、閉塞して流通しなければ、水はできない.ですから、散歩に役立つと精神のリラックスを助け、静養する.散歩、体の中の血気は動くことをさせて、のんびりして自適て、歩き方は歩くこと、これは1種の最も良い養生ではありませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です