男性養生ベッドに入る慢性鼻炎前に一番適当な4件は

今生活リズムが次第に加速して、生活、仕事の圧力もだんだん大きくなってから、一家の大黒柱の男に負担をもっと大きい圧力、私達はどのように高圧力下で良好な睡眠?今日小編を紹介して有効改善睡眠の方法として、起きて見てみましょう.

p男はベッドに入る前に一番適当な4件の事

1、マッサージ湧水穴

もしあなたはベッドに横になって眠れないときは、自分をマッサージして湧水穴:1匹の足の足の裏を別の1匹の足の親指で、往復摩擦の動きまで、足の裏には発熱して、もう一方の足を取り替える.このように交互に行うと、あなたの脳は集中して足に集中して、時間長くなって、人も疲れる、眠たい、眠りたいと思って、眠ってしまいたい.長期堅持して、また保健の作用を果たすことができて.

p2、髪がたるん神経

は、脳細胞に栄養供給を強化し,慢性鼻炎、脳の老化を遅らせることができる.寝る前に髪をとかす、睡眠,睡眠の質を向上させる.一日の緊張した仕事の後、梳頭、神経がたるん、疲労を解消し、脳は良い休憩を得る.

p>の櫛<をなるべく髪髪角を採用し、玉、の櫛、櫛でた尖と過密;整理をほどほどにするべきで、軽すぎるのも過重;整理できないのが速いスピードもできないのが遅れた.毎回のとかしの時すべてやり遂げることができて、強くて適度で適度に、梳て.全头梳最高は毎日、朝、昼、夜さん回、毎回じゅう分.

P3、適度に酸素運動<P>p適度な運動は運動後、楽しく疲れの運動をしているということです.就寝前6時間30分の酸素運動は、寝る前に運動しないように注意してください.最高早足でさんじゅう分、そしてゆっくり家に帰って、更に熱の泡の足(しみこんだことがあって、睡眠足バック)を助けることができる.体の弱い人、太極、気功、散歩などの緩和の運動に適している人は、、太極、気功、散歩などの緩和運動.体質の良い人は自転車に乗り、スロージョギングをなど低運動量の有酸素運動では、体に増加活力.

P4,寝る前に熱湯足湯

は寝る前にお湯で1足を浸して、このように足の血管の拡張、血液の循環を速める.足ツボが多く、お湯の刺激にとても良い保健作用ができ、特に不眠と足裏静脈瘤者.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です