百歳の慢性鼻炎寿老人-雷-人の秘訣-毎週1キログラムのあめ1キログラム

王世君老人は旧暦九月廿七1909年に生まれ、現在では渝北区水晶郦城団地五結団1404.先日、江北区大石ダム正街コミュニティ酒楼、王世君ばあちゃんの百歳の寿宴非常ににぎやかだ.しばらく着ごとに、中国服の王老太が探して隣の孫なら砂糖、そして楽ほほほに口をすぼめ.午前中に十数個食べて食べた.おばあさんは飴を間食にして食べますか?」この幕に会って、台の下にはとてもびっくりしました.王老太の子供が笑って解釈:大丈夫、おばあさんはこのようにして、この数年来ずっと好き飴.江北区大石ダム正街町内会主任杜素芬代表コミュニティを送ったプレゼントを、彼女は一束の生花や一袋角砂糖老寿老人の前に送って、祝彼女さざれ石の巌となる.王老太口をゆがめて笑って言ったいくつかさえいい、そしてすぐに言いつけ外孫飴を置く.知っている老人好き飴の習慣で、私たちがするが、さっき密かに念を押した王姑、菓子甘くはおいしいが、注意食いしん坊だよ.杜素芬と.着いてエキサイティングなケーキが王老太コーナーで、子や孫に囲まれて終わって式の時に、フラッシュランプが点滅、会場の親友が爆発熱烈な拍手.次に、王老太恵比寿が鯛釣りしたようにみんなと一緒に分かち合った自分の百歳の誕生日ケーキ.おばあちゃんは甘い物が好き、ケーキも彼女が一番好きです.しかし彼女はこのように大きい年、彼女の体の健康の考えに対して、彼女は1サイコロのクリームケーキを食べさせて、彼女はケーキをじっと見ていて、少し食べて食べたくない様子を見て、きっと心の中にまだありませんでした!外孫何海兵と. $
女性用媚薬 { FDPageBreak }砂糖水も甘いような蜂蜜王老太好物糖の習慣といえば、後輩たちが慣れて.私は、この習慣は数十年続いていると知っていて、私の記事を知っていた.」息子彭东、お母さんは若い飲む白湯が加砂糖加えて、しかもその砂糖も水に溶けない程度が諦めて.あの味は甘くて悶、次の私はこっそりと口を嘗、直接に蜂蜜を飲むのがとても多いです.今まで、いつもも渇きをいやす薬、愛王老太も一杯砂糖水.キャラメル、硬いフルーツあめなどのキャンディー、家の中には.毎日1袋の体はとても健康な“私達は今すべてあめを15個に分けて、基本的にただ祖母は1日だけ食べて、このように計算して、祖母は平均して1週間に1つ2斤のあめを食べます.」何海兵とは,甘いものを食べてこの嗜好のほか、祖母の食事に過ぎない要求,好き嫌いなしでも過言選好ある1種の食品が喜酸、辛い味を少し重くの食べ物.ただ歯は落とし、今の多くは软食を中心に."祖母は甘いものを食べ過ぎて、以前も心配していたが、病院に行って体を検査して健康、血糖も正常だと心配しています.今はもう百歳の祖母が、血圧,慢性鼻炎、心拍は正常で、飛耳長目、食べられる寝られる.健康な体は祖母の果報は、もっと私たちのお孫さんの果報.」何海滨安心という. { FDPageBr $.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です