秋月秋慢性鼻炎月秋月

国慶節休みの数日ずっと雨が降って、最後一日突然太陽が出てきました.暖暖の日光は湿っぽくの気持ちを陰干して、人に1種の心地よと静かさと.

晩ご飯を食べて、歩いて下りて、1筋のふくよかなにおいがして、両腕を開けて、深呼吸し、全身通泰ふと感じ、法悦.モクセイモクセイは秋を拗ねている!

街燈はあまり明るくて、遠くから見ると、李ケケケイは突然明るい突然暗くな光の中でみせて一律に墨、香りは判定することができないからどの一本桂樹、どちらが枝.足を止めて、頭を上げてみると、緑の葉の下に隠れているのにしかられぎっしりベージュの事細かにやさしい花、密匝匝粉嘟嘟、のように、数多くの約束天下りの精霊、晩秋のある夜,慢性鼻炎、一緒に演奏したこの季節には最高のメロディー.

桂樹の下で、数台の乗用車を静かに横たわる、フロント、屋根やテール不意に点在して一層ベージュ、または疎しや密で、あるいは薄くあるいは濃く、写意派の画家逸筆そこそこ文人画.

モクセイモクセイモクセイ!車にはモクセイが落ちていた!秋風が何気なく作った詩情には,驚きと喜びがあった.五本の指を伸ばして、朝ヘッドの隙間ですくってそっと捻り、一の手のひらのつぼみをすくった、満々の金色の憧れ.小さな花に触れる柔らかな心で私は硬い殻刹時、私は1種の創立の激動.

月いつか雲にドリルから出て、大きな塊の白い雲のように積んで綿のように、蓮の花が咲いていて、大半の空へ.月華が水のように.柔らかな輝きと樹木からビルの隙間から漏れてくる、そそのかすから無限の考え事.月歩き、私も歩いて、私はお兄ちゃんにあるまで送って……80年代に一世を一世にした明るくの民謡、後に『城の月光』の代わりに.心にはそれぞれの地方がある、いつも記憶がない.ある深夜1つの地方に、いつも一番深い思いをしています……」シューメイチンゆるやかな優しい歌声が少し退廃と憂いと悲しみを現代人の心に、暗合彷徨の心境な靑年層にので,特に在への農村人の歓迎.

私のこの“在”への農村人はどれくらい気づかない市内の月光?私は知らない.私が知っているだけてたから郷町、駆け回っていて繰り返す、焦慮しているために、いわゆる理想と信念のためにも、心の奥に農村の人のあの点の虚栄とプライド、茂盛暗礁の河川の中で必死にパトロールし、艱難を続け、艱難な自分を変えてき.その現代人に会わない昔月、今月はかつて照古人などの感慨と深い思いは時の流れを遠ざけてくれる、殘るのはいくつかはっきりと漠然としたイメージ.

少年の月は、頭のてっぺんにぶら下げているランプが、カラフルな理想を絢爛ている,
媚薬正規販売.多くの雲破月やって花の影の夜、私は一人で歩いて田舎道を聞いて、任清风、秋の虫がすだくとしか思えない純粋で美しい世界.そのころはまだ若い、人生の

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です