雨_慢性鼻炎いち思

の外、クスノキの木のにおい成分、少しずつ溶け込んで私の息吹.愛の味、想いの思い出と忘れない昔.

いつか、雨の中で振り返ると.手をつないでいる雨の日、画面はここで.私たちの楽しみは,静かに、遠くの柳に、舞い降りる、私の想い、私は空を見上げて,あなたは私の身の回りの暖かさを見るようにします.

雨が胸を濡らして、愛の画面に溶け込むのは、人形がかつて寄り添う場所だった.ということで、これからは傘の習慣はなく,慢性鼻炎、やはり暖かいです.耳を傾ける、雨の音は、そのように鮮明に、想いの涙と温もりの雨水が織りなす、心に溶け込んでいる.

いつか、雨音がゆっくりと疲れを見せ、それは疲れた、疲れた.一陣の風吹く私の髪を乱れ、そのすでにだんだん饱合の涙.橋に立つ、淺は両手、想いも風に遠ざかる.漂流瓶を拾い、いっぱいの想い、私はすべての時間、あなたに暖かな暖かさを与えてほしい,レビトラ購入.

壁の隅の今サルスベリ花も咲き、蝶が、流年似水、想いはゆっくりと積み上げて、一定の程度まで…

『p』思念、未完~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です